介護事業に表彰制度 人材の確保が狙い 栃木県

2017.01.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 栃木県は、雇用管理の改善などで優れた取組みを行う介護事業所を表彰する「キラキラ☆介護事業所グランプリ」をスタートさせた。表彰事業所の先進的な取組みを広く発信することで、県内事業所の職場環境改善を後押しし、介護分野での人材確保につなげたい考え。

 同グランプリでは、人材育成や離職防止、年次有給休暇の取得促進などに積極的に取り組む事業所を表彰する。表彰事業所の取組みは好事例集などで周知していくとした。

 最優秀賞と優秀賞を1事業所ずつ、資質向上部門賞と労働環境・処遇改善部門賞をそれぞれ2事業所以内で選ぶ。応募は事業所単位だけでなく、法人単位でも可能としている。受付は1月31日までで、表彰式は3月28日に行う。

関連キーワード:
平成29年1月23日第3097号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ