8割は軽症・無症状 入院勧告運用見直し 新型コロナウイルス感染対策本部

2020.09.14 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省の新型コロナウイルス感染症対策本部は、今後の取組み方針を決定した。感染者のうち、8割は軽症・無症状のまま治癒し、2割で肺炎症状、さらに5%程度が人工呼吸器管理などが必要になるという実態などを踏まえ、感染症法における入院勧告権限の運用を見直すとした。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年9月14日第3272号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ