夜間ツアーバス 1人運行上限400キロに 運転者配置で新基準 国交省

2012.07.09 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

過労防止へ緊急対策

 関越自動車道の高速ツアーバス事故を受けて国土交通省が設置した有識者会議「高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会」は、過労運転防止の緊急対策を取りまとめた。1日に運転できる距離や時間を定めた「交替運転者の配置基準」を決定している。一運行当たりの乗客を運ぶ距離の上限を原則400キロとし、これを超える場合には交替運転者が必要とした。対象は夜間運行の高速ツアーバスで、国交省では7月中旬から運用を開始する予定だ。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成24年7月9日第2880号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ