運転前後に確認必須 鉄道運転士の飲酒状況 国交省

2019.10.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 国土交通省は、鉄道運転士の飲酒に関連する基準を改正した。事業者に対し、運転前後における酒気帯びの有無の確認や、酒気帯びが確認された運転士の乗務禁止を義務付けている。公共交通全体で飲酒に関する規制強化が強く求められているとみて、昨年度から基準のあり方を検討してきた。

 改正後の基準では、…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
令和元年10月28日第3230号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ