厚年の保険料 4万件未納付 給料天引きしたのに

2012.02.20 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 事業主が従業員の給料から厚生年金保険料を天引きしたにもかかわらず、国に同保険料を納付しなかったことが判明した事案が、平成19年6月22日~23年9月30日までに4万6231件に達していることが、厚生労働省の集計で分かった。

 このうち納付勧奨したのは4万2009件、納付申出があったのが3万6340件、実際に納付済みとなっているのが3万1479件となっている。納付額は総額にして約34億円。

 納付申出がなく事業主名を公表したのは1539件、公表後に納付を再勧奨したのは303件だった。事業主が納付に応じず国が負担した納付相当額は約1800万円。

平成24年2月20日第2861号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ