36協定の上限規制強化を――一億総活躍プランまとまる

2016.06.22 【労働新聞】

 政府は、同一労働同一賃金、長時間労働の是正、高齢者の就労促進などの働き方改革を「横断的課題」と位置付けた「ニッポン1億総活躍プラン」をまとめた。同プランでは、働き方改革を「横断的課題」「最大のチャレンジ」などと指摘、多様な働き方実現へ向け社会の発想や制度を大きく転換しなければならないと訴えた。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成28年6月20日第3069号1面

あわせて読みたい

ページトップ