製造業の生産性向上を――厚労省・ものづくり白書

2016.06.16 【労働新聞】

 政府は、経済の持続的成長のために労働生産性の向上が重要と提言したものづくり白書(平成27年度ものづくり基盤技術の振興施策)を閣議決定した。

 人口減少下のわが国にとって、ものづくり産業における労働生産性向上が不可欠であり、そのための人材の確保・育成に力を入れる必要があるとしている。とくに、IT人材の育成の加速化が求められるとした。

 ものづくり産業の活性化にとって女性の活躍推進もカギとなる。働きやすい作業環境や勤務シフトを設定するほか、リーダーへの登用を積極化すべきなどとした。

掲載 : 労働新聞 平成28年6月13日第3068号1面

あわせて読みたい

ページトップ