求人倍率・24年ぶり高水準に――塩崎大臣が改善傾向示す

2016.05.25 【労働新聞】

 塩崎厚生労働大臣は、このほど開いた記者会見で、今年3月の有効求人倍率が平成3年12月以来、24年3カ月ぶりの高い水準に到達し、現下の雇用情勢が着実に改善しているとの認識を明らかにした。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成28年5月23日第3065号1面

あわせて読みたい

ページトップ