バス協会に管理徹底求め要請書 厚労省・ツアーバス事故発生で

2016.05.19 【労働新聞】

  厚生労働省は、日本バス協会(上杉雅彦会長)に対し、バス運転者の労働時間管理の徹底などに関する要請文を手交した。今年2~3月に実施した集中監督結果を受けたものである。ツアーバスを運行する196事業場を対象とした同監督結果によると、労働基準法などの違反率が85%に上った。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成28年5月16日第3064号1面

あわせて読みたい

ページトップ