人材育成へ寄付講座 主要企業の社長が講演 日本フランチャイズチェーン協会

2016.05.13 【労働新聞】
 日本フランチャイズチェーン協会(山本善政会長)は、拓殖大学と協力して、フランチャイズ(FC)ビジネスに関する寄付講座を初めて開講した。初年度は会員大手企業の代表取締役社長などを招いて講義を行い、来年度以降はFCに特化した物流戦略やマーケティングなどを講義する予定としている。平成27年には全国のFC産業の売上高が24兆円になるなど規模が拡大しており、この流れを加速させていくのが目的。…
この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成28年5月2日第3063号3面

あわせて読みたい

ページトップ