自動車運送業・専門検診受診へ規定整備を 脳疾患予防で手引 国交省

2018.03.20 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

不当な扱いは禁止に

 国土交通省は、バス、タクシー、トラックなど自動車運送事業における運転中の脳血管疾患の発症を防ぐため、事業者による取組みの留意点をまとめた脳血管疾患対策ガイドラインを作成した。早期発見のためには専門的な脳検診の活用が重要であるとして、円滑な受診に向けた社内規程の整備を求めている。規程では検診対象者と実施頻度を明らかにするほか、脳血管疾患を理由に不当な扱いをしないこと、乗務の可否は運転者本人を含む関係者の意見を参考に総合的に判断することなどを定める。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年3月19日第3153号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ