273機関に「不正行為」を通知――法務省が技能実習で

2016.03.22 【労働新聞】

 法務省は、研修・技能実習に関して、賃金不払いなど不適切な行為を行った機関に対する「不正行為」通知が、平成27年の1年間で273機関に上り、増加傾向にあることを明らかにした。「不正行為」を通知した機関を受入れ形態別でみると、団体監理型が270機関で全体の99%、企業単独型は3機関で1%だった。団体監理型の内訳では、監理団体に対する通知が32機関、実習実施機関が238機関となっている。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞平成28年3月21日第3057号1面

あわせて読みたい

ページトップ