死傷者数が4人に 五輪工事1年2カ月で 厚労省・施設工事安衛協

2018.01.26 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省の「2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会 大会施設工事安全衛生対策協議会」は、労働災害の発生状況を取りまとめた。休業4日以上の労働災害は合計4人となり、このうち1人が過労自殺による死亡災害となっている。不休災害の被災労働者数は44人だった。工事の発注者である独立行政法人日本スポーツ振興センターは、すでに健康相談室の設置や看護師の常駐、現場内詰所の原則20時閉所の徹底などを進めており、大会施設工事安全衛生推進連絡会の構成員である東京労働局も、昨年に引き続き工事現場パトロールを実施するとしている。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
    平成30年2月1日第2299号 掲載

    あわせて読みたい

    ページトップ