製造スタッフの人手不足は深刻 技能協調査

2018.01.11 【労働新聞】

 製造請負・派遣業の事業主団体である日本生産技能労務協会が実施した平成29年10月度事業動向調査で、調査対象の70社すべてが、製造業務に従事するスタッフ社員の人員不足を訴えた。

 スタッフ社員について、「不足」と答えた企業割合から「過剰」とした割合を引いた「雇用判断DI」は、平成23年4月の調査開始以来、はじめて100を記録した。

ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成29年12月25日第3142号1面

あわせて読みたい

ページトップ