「各論反対」はダメ――労組生産性会議・賃上げ交渉で要請

2016.03.03 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 勤労者賃金の積極的引上げを――全国労働組合生産性会議(議長・相原康伸自動車総連会長)は、付加価値の連鎖を基盤とした生産性向上を図るため、全ての労使がベースアップの社会的意義を認識し、積極的な賃金引上げを実行すべきであるとする声明を明らかにした。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年2月29日第3054号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ