対策要綱の普及が課題 大阪・熱中症協

2013.07.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 大阪労働局と大阪府医師会、関西経済連合会、関係災害防止団体などで構成する「職場における熱中症予防のための連絡協議会」は、今年度の協議会を開いた(写真)。管内では昨年、建設業を中心に休業4日以上の熱中症が29人発生。前年から13人増加する事態となっている。

 協議会では、「熱中症に関する取組みは進んできているものの、策定した対策要綱の普及も十分ではない状況がある」として、関係者がそれぞれの立場から防止対策に取組んで行くことを申し合わせた。

 また、大阪労働局の髙井吉昭労働基準部長が、6月から9月を中心に個別指導パトロールなどに集中的に取組むことを説明した。

ジャンル:
平成25年7月1日第2189号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ