ALSOK社員138人が減量 港地区安全大会

2017.11.16 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京・三田労働基準監督署が世話人を務める、港地区健康と安全推進大会実行委員は今年度の大会を開催した=写真

 大会では綜合警備保障が健康づくりの取組みを発表した。同社は会社が費用を全額負担し、35歳時点と、40歳以上の全社員に人間ドックを受けさせている。健診結果からは、肥満率が高いことなどが課題として浮上した。学生時代にスポーツをしていた社員の運動機会が減少していることが原因という。

 そこで、従来からの取り組みである「ハッスル☆減量ゲーム」の広報強化などを図った。同ゲームでは、体重を週1回報告するなどでポイントが貯まり、景品が当たる。取組みの結果、今年は138人のBMI値が25以下になり減量に成功した。

平成29年11月13日第3136号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ