生産性向上の評価が課題に 日本オラクル調べ

2017.11.16 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 クラウドサービス事業を展開する日本オラクル㈱(東京都港区)は企業の部長職以上に就く管理職412人に対して働き方改革に関する意識調査を実施した(回答率82.8%)。それに関して上手くいっていない取組みとして、「人事評価指標・方法の変更」(25.5%)などを指摘する意見が多いことが判明している。

 上手くいっていない取組みではこのほか、「柔軟な勤務制度の導入」が22.9%、「残業時間の削減」が19.9%で続く。その要因では「社風・文化へのフィット」などを挙げる意見がめだつ。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年11月13日第3136号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ