管理監督者性を否定 402万円支払い命じる 東京地裁

2017.11.09 【労働新聞】

 ㈱コナミスポーツクラブ(東京都品川区)の元支店長の労働者が、「名ばかり管理職」だったとして割増賃金の支払いを求めた訴訟で、東京地方裁判所(佐々木宗啓裁判長)は、平成24年以降の残業代約312万円と付加金90万円の支払いを命じる判決を下した。

 同労働者は、元年から勤務し、19年に支店長に昇格。業務は、支店の開・閉店作業や設備点検、アルバイトの採用面接などのほか、人手不足のときには受付といったフロント業務もしていた。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成29年11月6日第3135号5面

あわせて読みたい

ページトップ