地域で充実した職業生活実現へ 創生本部を設置

2014.11.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 「まち・ひと・しごと創生政策検討推進本部」を設置――塩崎厚生労働大臣を本部長に据え、「地域創生」に向けた具体策を検討するもの。東京への若者の流出を止め、それぞれの地域で充実した職業生活を営める社会をめざす。

 同推進本部は、厚労省の部局横断的に幹部を集め、首相官邸と連携しながら抜本的な少子高齢化対策と「地域創生」を検討するとした。若者の東京への流出を止め、それぞれの地域において次世代を見据えた豊かな暮らしを形成する。

関連キーワード:
平成26年11月10日第2992号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ