正社員化、時短の好機 来春までに具体策提言 厚労省政策研

2014.11.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は、現在が正社員雇用の促進や労働時間短縮を進める好機ととらえ、その具体策を検討する雇用政策研究会(座長・樋口美雄慶應義塾大学教授)をスタートさせた。

 厚労省によると、わが国の雇用情勢は一部に厳しさがあるものの、着実に改善が進んでおり、人材不足が顕在化している分野もあるとした。このため、正社員雇用の促進や労働時間の短縮をはじめとした処遇改善に取り組む好機とみている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成26年11月10日第2992号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ