症状現れたら迷わず病院へ 千葉・熱中症で

2014.06.09 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 千葉労働基準監督署(泉豊彦署長)は、同労基署管内の建設業者を集め、今年も多くの発症者が見込まれる熱中症について注意を促した。

 同労基署管内で昨年発生した熱中症による労働災害は108件、うち68件が建設業に集中している。「労働者自身に対策を任せず、職長が定期的に休憩や水分・ミネラル補給をさせることが大切」と警鐘を鳴らした。

 重篤化し内臓疾患につながった症例もあるため、「持病のある人にはとくに注意が必要」としたうえで、「症状が出たらすぐに病院へ」と強調した。

関連キーワード:
平成26年6月9日第2972号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ