選挙公約実現へ 公契約条例制定 兵庫・加西市

2015.04.13 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 兵庫県加西市は3月25日、兵庫県内で2例目の公契約条例を制定した。4月1日に公布・施行している。

 公契約条例の制定は、西村和平市長が市長選挙の公約として掲げていたもの。労務報酬下限額を設定し、行き過ぎた競争に歯止めをかけ、適正な労働条件確保をめざす。

 労務報酬下限額は、公契約審議会の意見に基づいて市長が決定する。公契約審議会のメンバーは、条例案作成にも関与した同市に深くかかわる労使双方の代表を予定している。

関連キーワード:
平成27年4月13日第3012号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ