添乗サービス協会 若手添乗員に能力評価表 目標設定面談で活用

2014.02.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

離職防止、早期戦力化狙う

 添乗員派遣会社の使用者団体である一般社団法人日本添乗サービス協会(山田隆英会長)は、若手添乗員の早期戦力化に向けて、職業能力評価ツールの開発に取り組んでいる。このほど、業務上の必須能力を示した一覧表「添乗員OJTマニュアルスキルマップ(仮)」を作成。若手添乗員が関連法規知識などの職業能力を自己チェックするもので、派遣会社はその結果を踏まえて面談を行い、能力開発目標の設定に役立てる。仕事への意欲を引き出し、早期離職を防止するのが狙い。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成26年2月17日第2957号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ