「グローバル協定」研究着手 JCMと連携して 電機連合

2017.07.20 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

国内先行他社事例基に

 電機連合の野中孝泰中央執行委員長は、このほど横浜市で開催した第65回定期大会の開会直前に開いた会見の場で、金属労協(JCM)と連携してグローバル枠組み協定の締結に向けた研究に着手する意向を明らかにした。「企業のグローバル化により現地で人権侵害をはじめとした問題が起きているとすれば、その解決に向け動くのも今後の労組の役割だと思う」と述べたもので、日本に3つある先行他社事例などを基に検討する。来る五輪開催国企業の社会的責任にも触れた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年7月17日第3121号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ