転倒災害が過去10年で最多に 緊急会議開き対策を要請 秋田労働局

2022.05.30 【安全スタッフ ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 秋田労働局(川口秀人局長)は5月18日、転倒災害防止プロジェクトチーム会議を開催した。管内で令和3年に発生した転倒災害は過去10年で最多の346人となっており、例年降雪前に開いている会議を前倒して緊急招集した。同労働局が昨年の災害を分析したところ、平均被災年齢は55歳で高年齢労働者の割合が高い。また、平均休業日数は41.7日で年々長期化しており、「人手不足が慢性化するなかで、貴重な人材を失うことは事業場においても多大な損失」としている。労働災害防止団体など構成員へ対策を要請し、労働者の意識啓発や危険箇所への注意表示の促進、5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)の実施などを求めた。

関連キーワード:
メルマガ新着ニュース 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。