高度外国人材の活用手引き作成 九州経産局

2021.09.28 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 九州経済産業局(後藤雄三局長)は、独自に「高度外国人材採用の手引き」を作成した。在留資格に関する注意点などを解説し、九州企業での高度外国人材活用を促す。

 手引きでは、実際の企業事例や失敗例も掲載した。たとえば、店長候補として外国人留学生の正社員採用を検討した飲食業が、技術・人文知識・国際業務には該当しないとして不許可となったケースを紹介。留学生の専門性や能力を活かせる管理部門での採用や、国内の四年制大学で学位を取得した人材に認められる「特定活動」での申請を推奨している。

令和3年9月27日第3322号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。