男女年齢格差は合憲 最高裁が初の判断示す 地方公務員・遺族年金

2017.04.07 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 地方公務員の公務災害に対する遺族補償年金について、配偶者の受給資格に夫だけ55歳以上の年齢要件を課すのは憲法第14条第1項違反と訴えた裁判で、最高裁判所第3小法廷(山崎敏充裁判長)は、初めて格差を合憲とする判決を下した。

 原告の妻は中学校教諭で、平成10年に自殺、22年に公務災害と認定された。原告は遺族補償年金の請求をしたが、地方公務員災害補償基金は不支給を決定。妻には年齢制限がないが、夫には当面55歳以上という年齢要件があるためで、妻の自殺当時原告は51歳だった。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年4月3日第3107号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ