政労使合同で建設現場巡視 石川労働局

2012.07.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 石川労働局(礒部隆文局長)は、行政と労働者・使用者が一体となって災害を減少させる取組みの一環として、合同安全パトロールを実施した。

 現場となった名古屋高裁金沢支部・金沢地家簡裁庁舎新営建築工事(施工:㈱鴻池組名古屋支店)を、礒部局長、日本労働組合総連合石川県連合会の狩山久弥会長、(社)石川県経営者協会の菱沼捷二会長が巡視。足場やローリングタワーの構造、型枠支保工の設置状況、KY活動などの取組みなどを確認した。

関連キーワード:
平成24年7月15日第2166号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。