【今週の視点】中小企業こそ健康経営を 優秀人材の離脱防げ

2017.03.15 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

経営トップが姿勢明示し

 経済産業省は、従業員の健康管理に戦略的に取り組む企業330社を「健康経営優良法人」として初めて認定した。企業の人手不足感が高まるなか、過重労働やメンタルヘルス不調、生活習慣病の悪化などによって貴重な人材が職場を離脱するのは企業にとって大きな損失だ。人的資源が限られている中小企業にとって、健康経営に取り組む意義はとくに大きい。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年3月13日第3104号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ