『週休3日制』の労働関連ニュース

2020.05.28 【労働新聞】
【賃金事例】明電舎/年収20%増で65歳定年に 派遣会社で週4日勤務も可能

派遣会社で週4日勤務も可能  ㈱明電舎(東京都品川区、三井田健取締役社長)は今年4月、全社員の定年年齢を65歳に引き上げ、60歳以降は「シニア専任職」としてフルタイム雇用する制度を開始した。従来は再雇用後の年収水準を50%程度としていたが、シニア専任職では年収水準を20%アップさせて60歳前の70%としている。一方で短日・短時間勤務のニー……[続きを読む]

2020.03.05 【労働新聞】
介護職確保へ週休3日制 定着率向上めざす 宮城県

専門家派遣し導入支援  宮城県は、令和元年度第2回介護人材確保協議会を開催し、介護職に対して週休3日制の導入支援を行うことを発表した。1日10時間×週4日勤務として休日を増やし、定着率・採用率の改善をめざす。全国でも初の試みで、業務委託したコンサルタントを派遣し、組織・人員体制や就業規則の見直し、業務と職場環境の改善など、週休3日制導入に……[続きを読む]

2020.01.14 【労働新聞】
SMBC日興証券 今春から週休最大4日 出勤する曜日は固定

育児・介護の両立支援  SMBC日興証券㈱(東京都千代田区、清水喜彦代表取締役社長)は、週休4日制、3日制を導入する。週休4日制の対象は40歳以上の正社員で、40~50歳代は利用目的を介護に限定。週休3日制は30歳から利用を認め、30歳代は利用目的を育児と介護に絞った。月給は出勤日数に応じて、それぞれ60%、80%支給する。利用を希望する……[続きを読む]

2019.05.16 【労働新聞】
6~8月に週休3日 5営業日体制は維持 サタケ

 社員のワーク・ライフ・バランスの実現に力を入れている食品産業総合機械製造販売業の㈱サタケ(広島県東広島市、佐竹利子代表)は、6月下旬から8月上旬にかけて週休3日制を試行する。部署内で社員を2班に分け、交替で水曜日に休日を取得させる。…[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ