『見える化』の労働関連ニュース

2020.12.25 【安全スタッフ】
高齢者対策で優良事例を表彰 負担軽減の取組み評価 青梅労基署

 東京・青梅労働基準監督署(柴田昌志署長)と東基連青梅労働基準協会支部などの労働災害防止関係団体は12月10日、令和2年度西多摩地区安全衛生表彰式を開催した。今年度から高年齢労働者の安全と健康確保の優れた取組みである「エイジフレンドリー」の特別賞を新設。改善事例として㈱ジェイテクト関東工場と㈱IHI航空・宇宙・防衛事業領域瑞穂工場を優秀賞……[続きを読む]

2020.12.17 【労働新聞】
【フォーカス】凸版印刷/新入社員研修 完全オンラインに コストは3割以上減

健康状態の「見える化」も  凸版印刷㈱(東京都千代田区、麿秀晴代表取締役社長、連結5万2599人)は、新型コロナウイルス感染拡大を受け、新入社員研修をすべて在宅オンラインに切り替えた。トレーナー役の先輩社員が日々日報へのコメントを返すなど手厚くサポートして新人の不安解消をめざした。睡眠や運動などのコンディションを「見える化」し、健康にも留……[続きを読む]

2020.10.12 【安全スタッフ】
運送事業で働き方認証 法令順守や健康審査する 国交省が創設

職場環境改善の可視化  国土交通省は、トラックやバスなどの自動車運送事業の運転者不足に対応するため、今年度「働きやすい職場認証制度」を創設し、このほど申請の受付をスタートさせた。職場環境改善に向けた各事業者の取組みを「見える化」することで、求職者の運送業界に対するイメージの刷新を図り、運転者への就職を促す狙いがある。具体的な審査要件は、法……[続きを読む]

2020.10.12 【安全スタッフ】
【特集1】安全表示づくりは〝人づくり〟 コンテストで好事例を展開 企業の垣根越えた自主改善活動へ/マックス㈱ 優良事例:㈱デンソー・日産自動車㈱・三菱マテリアル㈱・㈱GSユアサ・住友化学㈱

 文具・オフィス機器、建設用工具メーカーであるマックス㈱では、同社製品の表示プリンターを使った製造現場の安全表示を集めた「安全表示・人づくりコンテスト」を開催している。AEDまでの距離を加えた案内や写真による安全ルールの注意書き、蓄光素材を使っての避難表示など、他社からさまざまなアイデアが集まり、企業の垣根を越えて優良事例が展開されている……[続きを読む]

2020.09.10 【労働新聞】
自動車運送業 働きやすい職場へ認証制度 運転者の確保後押し 国交省

労働時間・健康管理を審査  国土交通省は、トラック、バス、タクシー事業者における職場環境改善の取組みを可視化する「働きやすい職場認証制度」を創設した。自動車運送事業者の人材確保を後押しするのが狙い。労働時間・休日や、心身の健康などの分野について、一定の要件を満たした事業者を認証する。認証は、取組みの達成状況に応じて「一つ星」~「三つ星」の……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ