『要求集計』の労働関連ニュース

2020.04.20 【労働新聞】
賃上げ率1.94%に 20労使交渉で中間集計 連合

 連合がまとめた20年春季賃上げ交渉の中間集計(4月2日現在)によると、集計対象となった2277組合の定昇相当込み賃上げ額平均は5761円で、賃上げ率1.94%となった。前年同時期の6412円、同2.15%を651円、0.21ポイント下回っている。  賃上げ分(ベア分)が明確に分かる1228組合の集計をみると、定昇相当込み賃上げ額平均は6……[続きを読む]

2017.03.07 【労働新聞】
大手金属5産別 平均3771円 JCMが要求集計

 今年の17春闘で、前年と同じ「3000円以上」の要求基準を掲げた自動車や電機、鉄鋼など大手金属系メーカー労組の5産別でつくる金属労協(JCM・相原康伸議長)は2月23日、集計対象53組合中、昨年の取組みで解決した基幹労連の大手鉄鋼4組合とJAM加盟の3組合を除く46組合が平均3771円のベアを含む賃上げ要求を行ったと発表した。JAMの3……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ