『看護師』の労働関連ニュース

2024.05.16 【労働新聞 賃金調査】
【賃金調査】厚労省 令和5年賃構調査(職種別)/所定内給与 男性SE35.0万円に プロマネとの差1.3倍

女性販売店員 パート時給は1140円  厚生労働省「令和5年賃金構造基本統計調査」によると、システムエンジニア(SE)やプログラマーを含む「ソフトウェア作成者」・男性の平均所定内給与額は35.0万円だった。プロジェクトマネージャーなどを含む「システムコンサルタント・設計者」は44.1万円で、両者の間で1.26倍の差が付いている。「自動車組……[続きを読む]

2024.01.04 【Web限定ニュース】
医療系職種の新卒初任給 看護師21.7万円 栄養士(大卒)19.1万円 人事院調べ

 人事院がまとめた「令和5年職種別民間給与実態調査」によると、医療職に関する令和5年4月の確定初任給は「準新卒看護師」が21万7012円、「新卒栄養士(大学卒)」が19万1418円だった。準新卒医師はめだって高く、40万4210円となっている。  前回調査(令和元年)の確定初任給と比較すると、準新卒看護師が2.8%増、新卒栄養士(大学卒)……[続きを読む]

2023.12.14 【労働新聞 賃金調査】
【賃金調査】人事院 民間給与の実態(初任給)/23区内大卒初任給 事務系・技術系ともに22.2万円 規模問わず半数超が「増額」

前年比で2~3%増  人事院の「令和5年職種別民間給与実態調査」によると、東京23区内の事業所における今年4月に入社した大学卒の確定初任給は事務員22万1772円、技術者22万1580円だった。前年結果と比べてそれぞれ3.0%(6409円)増、2.3%増(5011円)と伸びている。高校卒は事務員が18万8242円、技術者が18万8323円……[続きを読む]

2023.12.08 【労働新聞 ニュース】
引上げ環境にあらず 診療報酬改定で要請 労使など6団体

 経団連と連合、健康保険組合連合会、全国健康保険協会など6団体は連名で、令和6年度の診療報酬改定に関する要請書を厚生労働省に提出した。保険料上昇に直結する診療報酬の引上げを、安易に実施できる環境にはないと強調している。  要請書では、医療機関や薬局の経営は、新型コロナウイルス関連の補助金を含めると、黒字基調で安定的に推移していると指摘。資……[続きを読む]

2023.11.27 【労働新聞 ニュース】
定昇分含め2%に 9割弱が賃上げ実施 病院3団体合同調査

 日本病院会および全日本病院協会、日本医療法人協会の3団体は、2023年の賃上げに関する合同調査を実施した。回答のあった227病院の賃上げ額は平均5930円、賃上げ率は2.0%となった。一方、今年1~8月に賃上げを実施した、または9月以降に予定していると答えた病院の割合は、86.7%となっている。  賃上げ額・率については、…[続きを読む]

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。