『正社員採用』の労働関連ニュース

2020.03.12 【労働新聞】
氷河期世代就職支援 正規1.8万人増めざす 政労使が実施計画 愛知県

職場実習や限定面接会も  愛知県内の政労使団体は、令和4年度末までに就職氷河期世代の正規雇用者を県内で1万7700人増やす目標を掲げた。同県は官民一体となって取り組む「就職氷河期世代活躍支援プラットフォーム」のモデル県に選出されており、今年2月に開いた第2回会議で令和2~4年度までの事業実施計画を策定した。支援講座や職場実習を通じて正規雇……[続きを読む]

2019.09.19 【労働新聞】
就職氷河期世代 正社員採用で60万円 短期資格取得を支援 厚労省 令和2年度

民間事業者も活用へ  厚生労働省は令和2年度から「就職氷河期世代活躍支援プログラム」を3年間にわたって集中的に実施する。就職氷河期世代を正社員として雇用した事業主に1人当たり最大60万円(中小企業)の助成金を支給するほか、民間事業者のノウハウを生かした就職支援の実施、安定就労に有効で短期取得可能な資格取得支援など幅広い事業を展開する方針で……[続きを読む]

2019.02.25 【労働新聞】
担当者制の支援奏功 正社員就職件数が順調 厚労省

 厚生労働省は、ハローワークにおける職業紹介に関する2018年度目標の中間評価案をまとめ、労働政策審議会の分科会に提示した。正社員就職を希望する者に担当者制による支援を行った結果、正社員就職件数が年度目標を上回る水準で推移しているとした。…[続きを読む]

2016.04.07 【労働新聞】
正社員の採用予定企業割合、6年ぶり減少 帝国データ調べ

 帝国データバンクは、「2016年度の雇用動向に関する企業の意識調査」の結果を明らかにした。16年度(16年4月〜17年3月)入社の正社員の採用状況をみると、採用予定がある企業割合は前年度を0.7ポイント下回る62.9%となり、10年度以来6年ぶりに前年を下回った。「採用予定がない」企業は27.0%だった。…[続きを読む]

2014.12.08 【労働新聞】
正社員就職促進を徹底 今が好機と全国指示 厚労省

今年度90万件が目標に 厚生労働省はこのほど、「正社員実現加速プロジェクト」の取組みに弾みを付けるよう全国に指示した。今年度の正社員就職件数の目標を90万件に設定し、年度後半においてハローワークの全ての職員・相談員が正社員求人のマッチングを徹底する方針である。事業所に対し、非正規雇用求人を正社員求人へ転換するよう求めるほか、非正規雇用で就……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ