『業務委託』の労働関連ニュース

2019.06.27 【労働新聞】
ベルコ事件 業務委託契約に強い拘束力 使用者性を認める 北海道労委

札幌地裁とは逆の判断  北海道労働委員会(加藤智章会長)は、冠婚葬祭会社「ベルコ」の代理店で労働組合を立ち上げようとした従業員2人を実質解雇したことについて不当労働行為と認定し、原職復帰などを命じる救済命令を下した。会社と代理店との業務委託契約は、一般的なものと比べ拘束度合いが強いとして、ベルコの使用者性を認めたもの。札幌地裁は「労働契約……[続きを読む]

2019.06.18 【労働新聞】
復職訓練に入力作業 育休取得者向け支援策 東急リバブル

 東急リバブル㈱(東京都渋谷区、太田陽一代表取締役社長)は、育児休業を取得した社員が職場復帰に向けて自宅で仕事の訓練ができる復職支援策を開始した。子会社と連携し、入力業務などを用意する。  同社が育休取得者へ実施したアンケートでは、…[続きを読む]

2019.02.13 【労働新聞】
新卒採用終了を決定 人材ごとのポスト用意 ㈱ガイアックス

 IT業の㈱ガイアックス(東京都千代田区、上田祐司代表執行役社長、連結正社員120人)は来年度で新卒採用を終了する方針を決定した。2020年末までに社内から新卒採用という言葉をなくす。新卒者だけにターゲットを絞らず、より多くの人材と多様な形での関係構築をめざす。  かかわり方は正社員雇用に限らない。これまでも30歳以下を対象に通年採用を実……[続きを読む]

2018.12.18 【労働新聞】
無許可派遣で2人逮捕 千葉労働局が告発 千葉県警

法人名公表後も是正せず  千葉県警は11月29日、無許可で労働者派遣事業を行ったサン・ワーク㈱(千葉県市川市)の会長と代表取締役の男女2人を逮捕した。千葉労働局(高橋秀誠局長)が、7月20日に刑事告発していた。同社は昨年8月に無許可事業主として全国でも初めて法人名を公表された。同労働局は法人名公表後も行政指導を続けたが、同社は「労働者」で……[続きを読む]

2018.11.05 【労働新聞】
指揮命令関係に注意 業務委託の指導事例紹介 技能協・物流セミナー

 日本生産技能労務協会(青木秀登会長)は、物流関係の人材サービス事業者と顧客企業を対象に「物流人材サービス特別セミナー」を東京都内で開催した=写真。近藤麻生子東京労働局需給調整事業部長と安西愈弁護士が講演を行った。 「労働力需給調整事業の現状と課題」と題した近藤部長の講演では、業務委託契約で物流関係事務を受託していたA社が労働者派遣法違反……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ