『日本惣菜協会』の労働関連ニュース

2016.02.03 【労働新聞】
「働き過ぎ防止」に苦慮 実習生受入れで課題 4社が取組み状況を公表 日本惣菜協会・技能実習生制度セミナー

 残業を厭わずに働きたがる外国人技能実習生に対し、どのように労基法に適した労務管理を行うかが課題に――日本惣菜協会(堀冨士夫会長)がこのほど開催したセミナー(写真)で、同業界4社の実習生導入事例が注目されたもので、稼ぎに来るという意識が強い実習生にどう対応すべきかが議論された。採用面では、主流である中国人が難しくなってきたとの認識が広がっ……[続きを読む]

2015.10.05 【労働新聞】
技能実習生受入ガイドライン 給食、外食産業も対象

”作業配分”に注意を 制度の活用拡大めざす 日本惣菜協会 惣菜製造会社など459社で組織する一般社団法人日本惣菜協会(堀冨士夫会長)は、「外国人技能実習生受入企業ガイドライン」を作成し、技能実習生の活用を積極化させている。受入れの際、実習における必須作業のなかに、惣菜製造で大きなウエートを占める盛付け作業が含まれていないことを挙げ、偏った……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ