『新型コロナウイルス』の労働関連ニュース

2021.12.08 【労働新聞】
契約までの負担重く 在籍型出向でアンケート 神奈川労働局 NEW

 神奈川労働局(川口達三局長)が在籍型出向の実施企業を対象に行ったアンケート・ヒアリング調査で、「出向契約までの負担が大きい」などの課題が明らかになった。  アンケートに答えた出向元6社について、在籍型出向制度を評価する理由をみると、「能力開発効果」が4社、「労働意欲の維持・向上」が3社と多い。出向先5社における評価理由は、…[続きを読む]

2021.12.07 【労働新聞】
雇用企業と連携強化 外国人材活躍へ方針案 岐阜県 NEW

 岐阜県はこのほど、来年度から5年間の次期「多文化共生推進基本方針」案を明らかにした。意見募集を経て、来年3月に決定する。方針改定に当たり、「外国人県民におけるコロナ対策の徹底」と「外国人材が活躍できる環境整備」を重要課題に位置付けた。  同県ではコロナ禍で外国人の感染者が急増し、一時は新規感染者の2割を占めた。多言語の電話相談窓口などは……[続きを読む]

2021.12.07 【労働新聞】
12月13日に受付開始 3回目の職場接種申込み 厚労省 NEW

 厚生労働省は新型コロナウイルスワクチンの3回目の接種について、12月13日から職場接種の申込み受付を開始すると発表した。1・2回目の職場接種を実施した企業が対象で、1・2回目と同様モデルナのワクチンの使用を予定している。希望する企業がオンラインでエントリーし、来年1月中旬頃に接種計画を登録、3月以降計画に基づき2週間ごとにワクチンを供給……[続きを読む]

2021.12.06 【労働新聞】
コロナ離職者の正社員採用促進 東京都助成金 NEW

 東京都は12月1日、コロナ禍で解雇や雇止めされた人を正社員として採用し、定着を図るために計画的な指導育成の取組みを行った企業に支給する「採用・定着促進助成金」の令和3年度分の申請受付けを開始した。対象労働者1人につき20万円(1社最大60万円)を支給する。受付締切日は令和4年3月31日。  支給を受けるには、…[続きを読む]

2021.12.03 【Web限定ニュース】
入国制限緩和を全面停止 ワクチン接種者対象の待機短縮措置 政府 NEW

 政府は11月30日から、新型コロナウイルスワクチンの接種者を対象とした入国制限緩和を12月31日まで停止する。停止の対象となったのは10月1日に始まった自宅などでの待機期間の免除措置と、11月8日から始まった入国後4日目からの行動制限の見直し措置の2つ。  待機期間の免除措置では、ワクチン接種者が入国後10日目以降に自主的に検査を受け陰……[続きを読む]

ページトップ


ご利用いただけません。