『復職』の労働関連ニュース

2020.02.13 【労働新聞】
【フォーカス】あいのわ福祉会/WLB推進 育休後の女性復職率100% 看護休暇などを充実 NEW

加齢配慮した配置転換も  障害者支援事業や介護事業を行う社会福祉法人あいのわ福祉会(東京都足立区、橋本弘理事長、306人)は、職員の多数を女性が占めることなどを理由に、ワーク・ライフ・バランスの実現に資する人事施策を数多く展開している。休暇制度は子供の看護休暇や時間単位年次有給休暇をはじめ、冠婚葬祭用の特別休暇や勤続年数に応じたリフレッシ……[続きを読む]

2019.10.23 【労働新聞】
1年超勤務が条件 カムバック制度始める クラレ

 化学メーカー大手の㈱クラレ(東京都千代田区、伊藤正明代表取締役社長)は、1年以上勤務して退職した正社員に対する「カムバック採用制度」を開始した。これまで、育児・介護を理由とした退職に限って復職を認めていた。  「資格を取りたい」「他の事業で働いてみたい」などの理由で退職した比較的若い人材の中には、再度入社を希望する人材がいたという。同社……[続きを読む]

2019.09.05 【労働新聞】
【フォーカス】横井製作所/女性活躍推進対策 ママ社員24人在籍 出産理由の離職ゼロ 無料託児所が奏功

応募者増えて採用難解消  精密プラスチック成形加工の㈱横井製作所(京都府宇治市、横井洋治代表取締役社長、100人)は、利用無料の社内託児所の開設や、残業の事前申請制度などにより、女性を中心に誰もが働きやすい職場環境づくりを推進している。社員の7割を女性が占め、子育て中の母親は24人に上る。託児所は、産後早く職場復帰できるようする目的で、0……[続きを読む]

2019.07.31 【労働新聞】
ツール使用法を指導 育休復帰で情報交換会 四国銀行

 ㈱四国銀行(高知県高知市、山元文明頭取)はこのほど、育児休業取得中と育休明け直後の女性を集めた情報交換会を開催した。育休取得者が業務のブランクを感じず、スムーズに復職できるようにする狙い。  情報交換会は、社内の女性活躍推進委員会が主催した。全行員が業務に関係するスキルを取得できる社内の学習サイトや、渉外・窓口業務に従事する行員が使う営……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ