『年休』の労働関連ニュース

2021.06.10 【労働新聞】
【フォーカス】カナツ技建工業/ICT化でムダを省く 年間平均総労働時間 3年間で100H削減

社員から職場改善案募る  カナツ技建工業(株)(島根県松江市、金津任紀代表取締役社長、278人)は、ICT機器の導入などによって3年間で1人当たりの年間平均総労働時間の100時間ダウンに成功した。3次元設計データを活用し、現場で行っていた大量の撮影などの削減をしている。ウェブ会議システムを使い、社内会議やセミナー参加に要する移動時間も減ら……[続きを読む]

2021.04.12 【労働新聞】
7年までに70%へ 年休取得率で目標 過労死大綱案

 厚生労働省が作成した過労死等防止対策大綱(素案)によると、年次有給休暇の取得率を令和7年までに70%以上とする目標を掲げた。  年休取得率は、平成12年以降5割を下回る水準で推移していたが直近の2年間は微増に転じている。令和元年の取得率は…[続きを読む]

2021.03.23 【労働新聞】
新型コロナ 事業主からの相談が4万件 兵庫労働局

 兵庫労働局(荒木祥一局長)は、コロナ禍に対応するために設けた特別窓口に寄せられた相談の集計結果を明らかにした。今年2月までの1年間に寄せられた件数は5万5810件に上り、そのうち事業主からの相談が4万2166件、約7割を占めている。内容別では、雇用調整助成金に関する問合せが4万81件と多く、休業5636件、賃金1472件などとなっている……[続きを読む]

2021.03.09 【労働新聞】
設計労務単価は1.2%引上げ 国交省・3月から

 国土交通省は、令和3年3月から適用する公共工事設計労務単価を公表した。全国全職種単純平均は対前年度比1.2%の引上げで、平成25年度から9年連続で上昇した。加重平均額は2万409円となっている。  3年3月からの同単価改定に当たっては、最近の労働市場の実勢価格を適切・迅速に反映し、47都道府県・51職種別に単価を設定したほか、必要な法定……[続きを読む]

2021.03.04 【労働新聞】
【フォーカス】浦添総合病院/パート活用 コロナ禍の来院対応へ 看護師らは本業に専念

200人態勢で業務移管推進  新型コロナウイルス感染者を受け入れている沖縄県の浦添総合病院は、来院者の体調や渡航歴を確認する業務をパート人材に任せるなどにより、看護師らが本業である患者の治療などに割く時間を確保している。医療従事者の働き方の見直しを図るため、以前から非正規人材への業務の移管を進めており、現在は200人に及ぶパートタイマーお……[続きを読む]

ページトップ