『工事現場』の労働関連ニュース

2020.10.12 【安全スタッフ】
【トピックス】台風被害の復旧現場を巡視 重機周辺は立入禁止徹底 上下作業ない計画で安全に 長野労働局

 長野労働局(中原正裕局長)は9月10日、昨年10月の台風19号による被害を受けた千曲川周辺の復旧工事現場で安全パトロールを行った。護岸復旧のためブロックをつり上げる重機と作業員との接触防止対策を視察するとともに、寸断された橋梁の補修工事で上下作業への注意や墜落防止措置の状況を確認した。 千曲川の復旧が急ピッチで進む  昨年の台風19号に……[続きを読む]

2020.06.19 【安全スタッフ】
息苦しさ緩和にマウスシールド導入 熱中症と感染症予防両立へ 清水建設

  夏季を迎える建設現場で、新型コロナウイルス感染症と熱中症の予防を両立するための取組みが広がっている。大手ゼネコンの清水建設(株)ではマウスシールド3万1000個を調達し、現場への配付を始めた。手洗い・手指の消毒の励行、三密の回避、現場内の消毒徹底などとともに、飛沫感染対策としてマスク着用をルール化しているが、夏場のマ……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ