『労災』の労働関連ニュース

2022.06.28 【安全スタッフ ニュース】
死亡災害 コロナ関連4倍に 厚労省 令和3年の労災発生状況を公表 NEW

死傷は全重点業種で増加へ  厚生労働省は、令和3年の労働災害発生状況(確定値)を公表した。死亡者数は867人となり、4年ぶりに増加に転じた。新型コロナウイルス感染症へのり患による死亡者数が89人と前年比4倍に急増。第13次労働災害防止計画では、死亡者数を平成29年と比較して令和4年までに15%減少させるとしているが、分析では「過去3年間か……[続きを読む]

2022.06.28 【安全スタッフ 特集】
【特集1】職場の熱中症予防 リスク把握し無理ない作業を/<対策事例>バイタルセンサーで体調把握 鹿島建設㈱横浜支店 NEW

 熱中症の発症者が増える7、8月。重篤化を防ぐには暑熱リスクを把握して適切な予防対策を取る必要がある。屋外などWBGT値が上がりやすい場所や発症リスクの高い高年齢者、持病や当日の体調など、作業者一人ひとりの状態に目を向けた作業管理が重要になる。活動事例では、鹿島建設横浜支店のバイタルセンサーを使った最新の取組みを取材した。異常時の警報と声……[続きを読む]

2022.06.22 【労働新聞 ニュース】
全工場で一斉に消火訓練を実施 大田労基協会

 東京・大田労働基準協会(渡邉正禮会長)は、安全衛生に対する意識向上のため、説明会を開いた。大田労働基準監督署が全国安全週間について講演したほか、会員企業3社が安全衛生活動の取組み事例を発表している。  事例発表では、フレグランス製造業の高砂香料工業㈱(東京都大田区、桝村聡代表取締役社長)の瀬戸健安全管理部長が登壇し、…[続きを読む]

2022.06.17 【労働新聞 ニュース】
節目に対策意識を 全国安全週間で説明会 立川労基署

 東京・立川労働基準監督署(石井美佐子署長)は、全国安全週間の説明会を開いた(写真)。石井署長は開会挨拶で、「立川労基署では今年から、6月30日を“労災ゼロ”の日に設定した。安全週間や労災ゼロの日を節目として、改めて安全対策を意識してほしい」と呼び掛けた。  特別講演として、…[続きを読む]

2022.06.16 【労働新聞 ニュース】
安全管理自主点検 米菓工場7割に不備 立入り調査実施へ 新潟労働局

夜勤の避難訓練など課題  新潟労働局(吉野彰一局長)が、県内の米菓製造工場の火災を受けて新潟県米菓工業協同組合に加盟する14企業34工場に要請した緊急自主点検で、67.6%に当たる23工場に安全管理の不備を認めた。改善に向け、34工場すべてに立入り調査を行う。不備の内容としては、乾燥設備作業主任者の未選任(41.7%)や深夜業従事者の避難……[続きを読む]

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。