『労災』の労働関連ニュース

2020.04.03 【労働新聞】
無資格黙認し送検 千葉労基署 NEW

 千葉労働基準監督署(篠﨑和代署長)は、資格がないことを黙認し玉掛け作業を行わせたうえ、死傷者を発生させた建設業の㈱熊谷(東京都江東区)と同社職長を労働安全衛生法第61条(就業制限)違反の疑いで千葉地検に書類送検した。  同社は平成30年5月、千葉県四街道市にある工場の新築工事現場で、無資格の労働者に吊上げ荷重が2トンのクレーンでの玉掛け……[続きを読む]

2020.03.30 【安全スタッフ】
安全改革の88日間 達成事業者を公表 香川・観音寺労基署 NEW

 香川・観音寺労働基準監督署(村上誠署長)は、「Safe Work88 ―西讃地域建設業 安全の改革88日間―」を実施していたが、このほど達成事業者を公表した。同取組みに参加を表明した建設事業者が昨年11月15日から本年2月10日までの88日間に、同労基署が要請した「労働災害ゼロ」「トップによる安全の所信表明」「トップによる安全パトロール……[続きを読む]

2020.03.28 【安全スタッフ】
7割超で外国人が被災 はさまれ・巻き込まれ最多 建災防が調査 協力会社の実態 NEW

 建設業労働災害防止協会は、「建設業における外国人労働者の安全衛生教育等に関する実態調査」実施結果報告書を取りまとめた。外国人労働者の労働災害の有無を聞いたところ、建設労務安全研究会会員企業の59.4%、同協力会社の72.1%が「あった」と回答した。事故の型別では、会員企業は「切れ・こすれ」、協力会社は「はさまれ・巻き込まれ」が最多となっ……[続きを読む]

2020.03.27 【労働新聞】
用途外使用で送検 クレーンに人乗せるカゴ 埼玉・川口労基署

 埼玉・川口労働基準監督署(小林雅彦署長)は、クレーンに取り付けたカゴに労働者を乗せ、高所作業を行わせたとして、造園業の㈲丸北敬峰園(埼玉県川口市)と同社の代表取締役を、労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置など)違反などの疑いでさいたま地検に書類送検した。  同社は移動式クレーンのジブ(クレーンの伸縮部分)の先端に鉄製のカゴを金具……[続きを読む]

2020.03.25 【労働新聞】
荷主側が安全強化を トラック労災防止めざし 陸災防東京支部セミナー

 陸上貨物運送事業労働災害防止協会東京都支部会(浅井隆支部会長)は、荷役災害防止担当者への安全衛生教育を東京都内で開催した。同協会の堀野弘志安全管理士が登壇し、荷物を積み降ろす際の安全確保について説明した=写真。  陸上輸送での労災の70%が、トラック荷台から墜落・転倒するなどの荷役作業中であるのを受け、厚生労働省は労働安全衛生法第30条……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ