『労働安全衛生』の労働関連ニュース

2021.01.20 【労働新聞】
産業医へ情報提供80%超に 新潟労基署 NEW

 新潟労働基準監督署(宇尾野秀明署長)が取りまとめた令和2年度「安全衛生管理状況自主点検表」の集計結果で、過重労働者がいた事業場のうち、産業医に情報提供したのは83.1%であることが分かった。  平成31年4月に改正された労働安全衛生規則では、時間外・休日労働が月80時間を超える過重労働者がいた場合、速やかに産業医へ労働時間などに関する情……[続きを読む]

2020.12.23 【労働新聞】
私の安全衛生宣言で表彰式 東京労働局

 東京労働局(土田浩史局長)は、安全気運と健康意識の向上を目的とした「私の安全衛生宣言コンクール」の表彰式を行った。安全部門と労働衛生部門で優秀作品賞などに計5人、高年齢者災害防止対策部門と感染症防止対策部門で特別賞に計4人選出し、表彰状を授与した(写真)。応募総数は1043件だった。  優秀作品賞は、…[続きを読む]

2020.12.10 【労働新聞】
医師面接 「原則対面」を削除 オンライン化促進 厚労省

「特別教育」も緩和明確化  厚生労働省は、通達を改正し、長時間労働を行った労働者に対するオンラインによる医師面接指導の要領を一部簡素化した。新型コロナ感染症の拡大で、オンラインによる面接指導が推奨されるため、実施基準から「原則として対面によって行うことが望ましい」などとする規定を削除した。労働安全衛生法に基づく特別教育もオンラインによる実……[続きを読む]

2020.12.07 【安全スタッフ】
謎解きで労災防止知識学ぶ 「ゼロ災クエスト」を展開 千葉労働局

 千葉労働局(友藤智朗局長)は、「ZERO SAI QUEST千葉2020-2021」(ゼロ災クエスト)をWEBで展開している。今年12月1日から来年1月15日までの年末年始無災害運動期間に合わせて始めたもので、「謎解きで挑もう!!千葉の労働災害撲滅」を合言葉に労働災害防止に向けた機運の醸成を図る。同労働局のホームページに労働災害防止に関……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ