『人事異動』の労働関連ニュース

2020.10.29 【労働新聞】
キャリア支援へ別法人設立 “職務基準化”見据え 高度シニア派遣・紹介も NEC

 日本電気㈱(東京都港区、新野隆執行役員社長兼CEO)は、社員の主体的なキャリア形成を支援するため、新会社・NECライフキャリア㈱を設立した。必要なポジションに人材を当てはめていく「適時・適所・適材」のポリシーを掲げ、新設した研修プログラムを運用するとともに、公募制度を通じて社内でのジョブ・マッチングを促す。来春までに人材紹介・人材派遣の……[続きを読む]

2020.05.25 【労働新聞】
新型コロナ 感染リスク不安へ対処 母性健康管理を強化 厚労省

在宅勤務や配転など義務に  厚生労働省は5月7日、新型コロナウイルス感染拡大を受け、妊娠中の女性労働者に対する母性健康管理措置義務を強化する指針改正を実施した。業務や通勤により新型コロナに感染するかもしれないストレスが、母体・胎児に影響があると医師から指導を受け、労働者がその旨を申し出た場合、事業主は感染リスクの低い作業への転換や在宅勤務……[続きを読む]

2020.04.10 【労働新聞】
デジタル革新めざせ 異動は社員の意向重視 経団連

 経団連は、「Society5.0時代を切り拓く人材の育成」について提言をまとめた。社員の意識と組織文化の変革、自律的なキャリア形成の支援、デジタル革新を担える能力開発――の3つを柱とし、働き手から選ばれる企業をめざすことが重要としている。  意識と組織文化の変革では、意欲と能力を持つ社員に対して様ざまな経験の機会を提供するとともに、積極……[続きを読む]

2019.06.20 【労働新聞】
【賃金事例】JR西日本/シニア社員にベア7万円 職務関連手当は業務実績で

フルタイム契約社員 社員と諸手当同額へ  西日本旅客鉄道㈱(大阪府大阪市、来島達夫社長)は、基本給に7万円のベースアップを実施するなど、今年8月から定年後再雇用者の処遇を大幅にアップする。現在は各種手当を組み込んだ定額の基本給を支給しているが、今後は乗務員手当などの職務関連手当を別建てとし、社員と同様に勤務実績に応じて加算することとした。……[続きを読む]

2019.04.24 【労働新聞】
【今週の視点】職場環境変化でストレス 気付くことが大切

「こころの耳」の活用を  転勤、昇格昇進、人事異動と春は職場が大きく変わる時季。働く環境の変化は、人の心理状態に影響を及ぼすのはいうまでもない。とくに上司は「労働者の心の健康保持増進のための指針(メンタルヘルス指針)」の観点から部下の言動に注意する必要がある。部下がメンタル不調に陥った場合は、WEBサイト「こころの耳」が参考になる。万が一……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ