『一般労働者』の労働関連ニュース

2021.04.15 【労働新聞】
【賃金調査】厚労省/令和3年賃構調査(概況)フルタイム男性 ピークは42.0万円に 60~64歳で3.4%増

大・小企業の格差13.6万円  厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査(概況)」によると、一般労働者・男性の所定内賃金は33.9万円で、前年から0.8%増加した。ピーク時の55~59歳の水準は42.0万円だった。全体的には1%以下の微増傾向を示したが、60~64歳では3.4%増とめだって伸びている。企業規模別にピーク時の水準をみると、大……[続きを読む]

2019.04.18 【労働新聞】
【賃金調査】厚労省/平成30年都道府県別賃金 男性・所定内 東京・中企業39.8万円に 大阪との差5万円超える

パート女性の時間給 1000円以下15地域のみ  賃金構造基本統計調査の都道府県別集計によると、100~999人規模企業で働く一般労働者・男性の所定内給与額は、東京39.8万円、大阪34.5万円、愛知31.7万円などとなった。主要3地域とも前年比プラスだったが、なかでも東京の伸びは2.7%増とめだち、大阪との差が5万円を超えている。短時間……[続きを読む]

2019.02.21 【労働新聞】
【賃金調査】厚労省/毎月勤労統計(30年平均速報) 現金給与総額 1.4%増の32.4万円 実質で0.2%プラス

パート時給は1136円に  厚生労働省の毎月勤労統計調査によると、平成30年平均(速報)の月間給与総額は32.4万円となり、前年比では1.4%増加した。26年からプラスで推移しており、過去5年間で最高の伸び率を示している。物価の変動を加味した実質賃金指数も、0.2%増とわずかだがプラスに転じた。一方で雇用形態別の所定内給与については、フル……[続きを読む]

2014.03.24 【労働新聞】
【賃金調査】厚労省/雇用形態別賃金 正社員・男性の所定内給与 ピーク時43.2万円に 20歳代前半と比べ2.11倍

パート女性 非正規5年超で1030円 厚生労働省の雇用形態別賃金調査(平成25年賃金構造基本統計調査の細部集計)によると、一般労働者・男性のピーク時賃金は正社員で50~54歳43.2万円、非正社員で60~64歳23.5万円だった。20~24歳の水準と比べるとそれぞれ2.11倍、1.36倍で、大きな格差が付いている。短時間労働者のうち、非正……[続きを読む]

ページトップ