労働時間通算は不要 厳密な把握困難と 副業・兼業 同友会意見書

2020.06.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 経済同友会は、「兼業・副業の促進に向けた意見」を明らかにした。自己実現や社会貢献を目的とした副業・兼業は基本的に自己責任とし、複数事業者間での労働時間通算を行わないよう訴えている。

 同友会によると、副業・兼業は、主体的な働き方を促進し、日本経済を持続可能で競争力のあるものに変革していく一つの要素になるとした。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年6月8日第3260号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ