ヒヤリハットで新運動 危険の芽を摘み災害ゼロへ 建災防埼玉県支部

2020.04.08 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 建設業労働災害防止協会埼玉県支部は、今年度から新たに「ヒヤリ・ハット活動推進運動 埼玉」を開始した。危険の芽をいち早く摘み取り、災害ゼロを目指す。

 運動は、建設現場で発生したヒヤリ・ハットを職長や作業所長に報告し、災害防止対策につなげるのが狙い。取組みに当たり、建災防埼玉県支部では、「いつ」「どこで」「何をしていて」「どうなった」などのヒヤリ・ハットの状況を報告するためのシートを用意した。運動に賛同する会員事業場は、賛同書によって運動参加を表明し、現場でのヒヤリ・ハット活動を進める。新規入場時教育などで積極的に周知をしていくこととしている。

メルマガ新着ニュース 掲載

あわせて読みたい

ページトップ