【特集1】受動喫煙防止対策 健康増進でボーナス制 外出先も就業中は禁煙へ/エムステージ 禁煙外来を全額負担/レバレジーズ

2020.02.12 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 改正健康増進法が今年4月1日から全面施行され、受動喫煙防止対策が厳格化される。第二種施設に当たる事務所や工場などが「原則屋内禁煙」となる。違反が発覚し、改善がみられない場合は罰則もある。そんななか、㈱エムステージホールディングスが従来の受動喫煙防止対策を強化し、社員の「外出・出張先での禁煙」などに取り組む。昨秋には健康意識の高い社員を対象に「健康増進ボーナス制度」を新設した。レバレジーズグループは昨夏、「禁煙プログラム」を導入。禁煙を希望する社員の禁煙外来費用を全額負担するものだ。すでにその効果は目に見える形で表れてきているという。

「マナーからルールへ」

 いよいよ今年4月1日から改正健康増進法が全面施行される。第一種施設である学校、病院、行政機関の庁舎などは「敷地内禁煙」となり、第二種施設である事務所や工場などが「原則屋内禁煙」となる。

 後者は、喫煙専用室を設置できるものの、屋外への煙の流出防止措置など厳しい基準が課されることとなる。社員の望まない受動喫煙を防止することが、企業の法的責任に格上げされた形だ。これを厚生労働省は、「マナーからルールへ」という言葉で表現している。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2020年2月15日第2348号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ