参院比例組織内 候補9人を決定 来年に向け連合

2012.10.22 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 来年行われる第23回参議院比例代表選挙において、連合が応援する組織内候補は以下の9人に決まった。

 かわいたかのり(現職=参議院議員・48歳・UIゼンセン同盟)、あいはらくみこ(現職=参議院議員・65歳・自治労)、いそざき哲史(現職=日産労連特別中央執行委員・43歳・自動車総連)、石上としお(現職=東芝グループ連合副会長・50歳・電機連合)、神本みえ子(現職=参議院議員・64歳・日教組)、とどろき利治(現職=参議院議員・52歳・基幹労連)、さだみつ克之(現職=日本郵政グループ労働組合特別中央執行委員・53歳・JP労組)、吉川さおり(現職v参議院議員・35歳・情報労連)、浜野よしふみ(現職=全国電力関連産業労働組合総連合会会長代理・51歳・電力総連)。

関連キーワード:
平成24年10月22日第2893号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ