使側と密な交流を 特定(産別)最賃でJC

2012.02.06 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 金属労協(西原浩一郎議長)は1月25日、最低賃金連絡会議を横浜で開催し、地域別最賃を下回って特定最賃の効力停止に至った東京と神奈川の動きを全国に広めないための意思固めを図った。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成24年2月6日第2859号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ